【報告】第2回ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)シンポジウムを開催しました(2018/10/29)

第2回ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)シンポジウム「大分のダイバーシティ推進・・・次の一歩」をレンブラントホテル大分にて開催しました。

来賓挨拶では、常盤豊氏(文部科学省国立教育政策研究所長)より、男女共同参画社会形成に向けた大学の役割について、➀事業主として、学内の教職員の男女共同参画の推進➁学生等への教育を通じた固定的役割分担の払拭➂リカレント教育を通じた地域の女性活躍推進の、3つの視点からお話しいただきました。

基調講演には、松本晃氏(RIZAPグループ株式会社代表取締役/カルビー株式会社シニアチェアマン)を迎え、「Change, or Die!」をテーマにご講演いただきました。松本氏は、仕組みを変えることが悪しき文化を変えると述べ、働き方を変えれば生き方が変わり、会社が変わり、人生が豊かになると力強く提言されました。

次いで、トークセッションでは、宮﨑美香氏(住友化学株式会社大分工場 総務部人事担当課長)、仲道美恵氏(株式会社コイシ 取締役 社長室長)、佐藤宝恵氏(ニッコン株式会社 代表取締役社長)をスピーカーに迎え、モデレーターの下田副学長進行のもと、大分の企業のダイバーシティの取組や目指す姿等、第一線で活躍する3名の女性による活発な意見交換が行われました。

 

【題目】  第2回ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)
      シンポジウム
      ~大分のダイバーシティ推進・・・次の一歩~

【日時】  平成30年10月29日(月)13:30~17:30

【場所】  レンブラントホテル大分 久住の間

【対象】  関係機関の教職員、学生、行政・企業の方、
      ダイバーシティ推進に関わる方、地域の方

【次第】  学長挨拶:北野 正剛(国立大学法人 大分大学長)

      事業説明:松浦 恵子(大分大学副学長 ダイバーシティ担当)

      来賓挨拶:常盤 豊氏(文部科学省 国立教育政策研究所長

      基調講演:「Change, or Die!」
           松本 晃氏(RIZAPグループ株式会社 代表取締役
                 カルビー株式会社 シニアチェアマン)

   トークセッション:「大分のダイバーシティ推進・・・次の一歩」
      スピーカー:宮﨑 美香氏
           (住友化学株式会社大分工場総務部人事担当課長)
            仲道 美恵氏
           (株式会社コイシ取締役社長室長)
            佐藤 宝恵氏
           (ニッコン株式会社代表取締役社長)
     モデレーター:下田 憲雄
           (大分大学副学長 大学運営戦略担当)

【参加者】 173名(学内38名、学外94名、学生41名)